25歳童貞が凄腕ナンパ師になるまでの物語

*

超ど級美女を連れ出し!!!そして待っていた悲しい結末。。。

      2016/08/14

はあ・・・いやー・・・

どうも、K田です(笑)。

 

おい!なんや、いつもとテンション違うな!

と思われた方、ありがとうございます。

 

今日はそんな小さな違いに気づけるあなたに、

本日、ガーデンさんのコンサル中にあった、あるできごとについて

お話したいのです。

 

まあ、簡単に言うと「超ド級の美女(あくまで俺基準ですが)」を連れ出したのですが、

そこで、ナンパを開始してから「初めての体験」をしまして。

 

なんで、もうね、その際の気持ちをぜひぜひ、

もう、ぜひとも話したい気分だったのですよ。

 

あ、ちなみに童貞を卒業したわけではないですw

 

そこだけ、あの、期待させてしまってたらすみません。

 

でも、俺にとっては、童貞卒業したくらいインパクトがでかかったというか、

(まだ童貞なので比べられないですけどw)

だから、俺のナンパ人生をもし自伝にするなら、

おそらくその「ターニングポイント」として、大きく語り継がれると思うわけです。

 

で、結局それがなんなのかと言うと、

つまり、ナンパして、始めて悲しくなったんですよね。

 

で、そのことをガーデンさんのナンパチームのLINEに先程報告したんですが、

たぶん、それをそのまま見てもらったほうが伝わるかなと思うんで、

俺がさっきLINEに投稿した文章をそのままここに添付しますね。

 

【初めての「悲しかった」体験】

 

お疲れさまです!

昨日、ナンパをしてて、初めて悲しいという感情が芽生えました。

 

それについて、恐縮ですがこの場をお借りしてご報告させていただければと思います。

 

昨日ですが、ガーデンさんのコンサル中にかなりの美人を連れ出すことに成功しました。

スト値とか、僕はよくわからないですが、

とりあえず自分が今まで人生の中で出会ってきた女子の中ではトップクラスだったと思います。

 

結果から言うと即れなかったのですが、

それでも、自分の中では連れ出すまでと、カフェと、二軒目と、すごく楽しい時間を過ごすことができた・・・

と、即れず家に帰ってきてから気づきました。

 

連れ出し中はがむしゃらで、あんまりそんなことを考える余裕もなかったのですが。

と、同時に、今までにない後悔もありました。

 

これまでも何人か連れ出したりアポったりはしましたが、

いずれも即れなかったことに対して特別に悔しいとか、悲しいとかは思いませんでした。

 

むしろ、まあ順調なのかなと。

どちらかというとポジティブにとらえていました。

まあ、次いこ次。みたいな。ナンパってそんなもんだろと。

 

ただ、今回は今までにない悔しさと、それ以上に

「もうあの娘には会えないんだなー」

という悲しさを感じてる自分がいました。

 

今回、1つやらかしたことがあって、

店を出て歩いてるとき、僕のヘマでホテル行きをはっきりと打診する前に、

ケータイでホテルの位置を確認してるのをその娘に見られてしまいました。

 

僕はすっとぼけましたが、

それで、おそらく

「うわーこいつ結局ヤりたいだけやんけ」

って思われてしまったと思います。

 

その後、その娘はさっさと改札を抜けて電車に乗り込んでしまいました。

 

店内では

「今度一緒に卓球行こうよー」

って話になったりもしてたのですが、

そのクソヘマのせいでその可能性も潰してしまったかと思うと、正直、残念です。

 

まあ、そのヘマがなくて、普通にホテル打診してたしても、

今の俺では結果は変わらなかった可能性が高いですが。

 

ただ、そう考えると、

「なんなら無理にホテルなんか行こうとしなくてもよかったんじゃね?」

と、多少なりとも考えてしまう自分がいました。

 

このような自分の心情を、ガーデンさんにも先程報告させていただきました。

 

もちろん、だからこれからは即を狙わないとか、そんなことはない。

と、思います。

 

ど初心者の自分がそんなことを考えるのもアホすぎるって思いますし、

そもそも、こうなった原因は自分の実力不足と経験不足。

何より男らしくいられなかったせいです。

 

今回の連れ出しで自分の中のナンパへのモチベーションは余計に上がりました。

「もっともっと男らしく振る舞えるようにならんといかん!」

と、強く思いました。

 

結局は今後もそこを鍛えていくだけやと。

 

あと、ホテルやカフェの位置も、事前にちゃんと確認しとかないと!と強く強く思いました。

↑これに関してはマジで後悔してますw

 

ちなみに、ガーデンさんは僕がその娘を連れ出してる間にもナンパして、即ってましたw

「やっぱスゲー!」と思いました。

 

これからも頑張ろうと思います!!

よろしくお願いいたします。

忙しい中お読みくださり、ありがとうございました。

 

てな、感じであります。

 

 

 - ナンパセミナー・コンサル, ナンパ哲学, ナンパ実践記, 連れ出し